ホーム>スタッフブログ>施工事例

施工事例

その後・・・メルセデスベンツCLS 350 焦げ臭い!(オイル漏れ)

CLS350のパーツがそろいました。

201349135318.JPG 新品パーツ。

 

201349135448.JPG 交換したパーツ。

 

 作業は簡単で、パーツもお安いので定期的に交換した方が良いでしょう。

 

 オレンジ色の餃子のハネ?のような物は前のオーナーさんがご自分でやられた

 のか、

 

 液体シールパッキンでした。あまり意味が無いような…

 

 

 最後に漏れて汚れてしまったエンジンをしっかり洗浄して終了です。

 

 お疲れ様でした。

20134914152.JPG

 

 

 

メルセデスベンツCLS 350 焦げ臭い!(オイル漏れ)

201342104620.JPG

メルセデスCLS350、焦げ臭いと言う事で入庫しました。

 

とりあえず、エンジン始動!エンジン暖気!暖気!暖気!

 

エンジンルームから白い煙が… 焦げ臭い… わかりやすい…(ー_ー)

 

リフトに車を乗せてアンダーカバーを外すとこんな感じです。

201342111123.JPG201342111157.JPG

どこから?

エンジン(V6)リヤのカムシャフトシールとブローバイセパレーターからでした。

漏れたオイルがマフラーに垂れて、白い煙に 変身 !

で、部品を注文中です。

交換時の写真をまた後日アップします m(__)m

 

201342111422.JPG

こんな感じで

20134211156.JPG

マフラーにオイルが。

 

 

 

 

 

ワーゲンビートルのエアコンフィルター交換

自動車のフィルターと聞くとエンジンのオイルフィルター、エアクリーナー(エアーフィルター)が

 

思いつきますが、その他にもガソリン、A/Tミッション、様々な所にフィルターが存在します。

 

今日は案外見落としがちなエアコンフィルター(ポーレンフィルター)を交換します。

 

2013330224022.JPG2013330224115.JPG

ビートルはダッシュボードの奥にありました。取り外したエアコンフィルター(左上)。

 

汚い(ー_ー)!!

 

2013330224142.JPG

比較してみました。左が新品。

            … あまりキレイジャない(-_-)/~~~

活性炭入りのフィルターの為、新品も少し黒っぽいです

目詰まりしたまま使い続けると、エアコンの効きが悪くなるだけでなく、

ブロアモーターが熱を持ち壊れます。

ブロアモーター高額です((+_+))

 

    定期的に交換しましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工事例

 

こちらのページでは、弊社の施工事例を更新していきたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します。

ページ上部へ